マーケティングコラム

リスティング広告とは?費用や効果、出稿方法について解説

更新日:

サイトへの集客を行う方法はいろいろありますが、ネットからの集客をやる場合に最初に検討すべきものがリスティング広告です。

リスティング広告は誰でもすぐに出稿することができ、費用対効果も高い広告です。

しかし、今までリスティング広告の出稿経験がない方だと広告費用がどれくらいかかるか、どのように広告を出稿すればよいのか分からないと思います。

本記事では、リスティング広告の費用や効果、出稿方法について解説したいと思います。

 

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、GoogleやYahooなどの検索画面で上部に表示される広告のことです。

ユーザーの検索するキーワードに連動して広告を表示することができるため、検索連動型広告とも呼ばれています。

 

リスティング広告を出稿できるサービスで有名なのはGoogle広告(旧アドワーズ広告)とYahoo!プロモーション広告です。

Google広告ではGoogleの検索画面に広告が表示され、Yahoo!プロモーション広告ではYahooの検索画面に広告を表示されます。

 

リスティング広告の特徴やメリット、効果とは?

リスティング広告はユーザーの検索してきたキーワードに連動して広告を表示することができるため、能動的で行動意欲の高いユーザーを自社のサイトへと導くことができます。

そのため、サイト流入後にお問い合わせやサービスへの申し込みをする確率が高い"今すぐ客"を取り込めることが大きな特徴となっています。

 

また、リスティング広告では、広告がクリックされるごとに費用が発生する”クリック課金制”というのも取り入れています。

広告がクリックされてはじめて費用が発生するため、クリックされなければ費用が一切発生しないということもリスティング広告の大きなメリットとなります。

そのためリスティング広告はPPC広告(Pay Per Click)と呼ばれることもあります。

 

リスティング広告のデメリットは?

リスティング広告のデメリットは、広告を出し続ける限りお金が発生し続けてしまうことです。

リスティング広告とよく比較されるSEOでは、サイトが一度上位に表示されればサイトがクリックされてもお金がかかることはありません。

※SEO(Search Engine Optimization)とは、検索画面の上部の広告画面の下にサイトが表示されるようにする対策のことです。

また、競合が多いとクリック単価が高騰してしまったり、利益率の低い商材だと投じた費用を回収しにくいというデメリットもあります。

しかし、SEOでサイトが上位に表示されるまでには早くても3ヶ月程度かかりますし、SNS広告やディスプレイ広告と比較しても集客効果が高いため、デメリットよりもメリット部分が上回っている広告と言えます。

WEB施策を検討するのであればリスティング広告は最初に考えるべき方法と言えるでしょう。

 

リスティング広告の出稿方法は?

リスティング広告の出稿方法は大きく二つあります。

一つは、自分で出稿する方法。もう一つは、代理店に依頼する方法です。

自分でリスティングを出稿する場合は、リスティングのアカウントを開設して広告の管理画面から自分で広告の設定や出稿を行います。

アカウント開設は下記ページから申し込むことができます。

Google広告

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

 

Yahoo!プロモーション広告

https://promotionalads.yahoo.co.jp/

 

広告代理店に依頼する場合は、「リスティング広告運用業者」と検索すれば業者がでてきますので、そこからお問い合わせをすればすべてやってくれます。

アカウントの開設からキーワードや広告文の設定、出稿や予算管理まですべて対応してくれます。

 

リスティング広告の費用はどれくらいかかるの?

前項でも記載していますが、リスティング広告はクリック課金制のため、広告がクリックされて初めて費用が発生します。

リスティング広告では、クリックごとの費用のことをクリック単価(CPC)と呼び、クリック単価の入札金額は自由に調整することができます。

例えば、入札単価を1円に設定して広告を出稿することもできます。

しかし、リスティング広告はオークション制のため、入札単価が低すぎると競合の出稿する広告に負けて自社の広告が全く表示されなくなります。

入札金額の目安に関しては、Googleが提供しているキーワードプランナーというツールを使っておおよその入札単価を見積もることができます。

また、もし入札単価が低かった場合は、下記の画像のようにリスティングの管理画面でもアラートが表示されますのでそれを参考にするとよいです。

では、実際に広告予算としてどれぐらい確保した方が良いのでしょうか?

業界によってクリック単価が違うので適正な予算額も違ってきますが、最低でも5万円〜10万円程度は広告予算として見積もった方が良いでしょう。

 

広告代理店(リスティング運用会社)に頼む場合

自分で広告の設定や入稿ができない場合は、リスティング広告を扱っているWEB広告の代理店(リスティング運用会社)に頼むということもできます。

広告代理店は、アカウントの開設だけでなく、お客さんのビジネス情報や競合などを調べ、設定するキーワードや出稿する広告文などを細かく設定してくれます。そのため、広告主はほぼ手間をかけることなく自分のビジネスに専念することができます。

 

広告代理店に依頼する際の費用は、広告費用の10%〜20%、もしくは最低で5万円〜を報酬として支払うのが相場となっています。

例えば、10万円分の広告費を使いたい場合は、運用代行費用が5万円ぐらいになります。

10万+5万=15万

 

そのため、素人が広告を出稿するよりも圧倒的なスピード&効果で広告を配信してくれます。

代理店に頼むのと自分でやるのはどっちがいいの?

リスティング広告の代理店に依頼するのと自分でやるのはどっちがいいのかという質問をよく聞かれます。

 

結論を先に言うと、最初の2,3ヶ月は広告代理店に頼んだ方が良いです。

理由は、広告代理店に頼んだ方が費用対効果が圧倒的に良いからです。

リスティング広告を出稿する際は、キーワードの選定や広告文の作成など細かいテクニックが必要となるため、最終的な集客の項かも大きく変わってきます。

また、自分でアカウント開設や入稿をする場合は、入稿方法を理解するのも大変で設定に時間も取られてしまいますので、自分のビジネス以外で時間を取られたくない場合は広告代理店に依頼する方が良いです。

ちなみにそれぞれのメリットはこんな感じです。

代理店に頼むメリット
・効果が出やすい
・余計な時間が取られずに済む
自分でやるメリット
・代行費用がかからない

 

リスティングは集客において効果抜群!

本記事では、リスティングの特徴や効果、出稿方法について解説しましたがいかがでしたか。

自分で出稿した方が費用が安く済むように思うかもしれないですが、長期的にみると広告代理店に依頼した方が安く抑えることができます。

これからリスティング広告の出稿を検討している人は、まずは広告代理店に相談してみることをお勧めします。

ちなみに、PnagaeaでもLINE@で無料相談できますのでお気軽のご連絡ください。

場合によっては自分で出稿してもらった方が良い場合もありますのでお気軽にご連絡ください。

 

-マーケティングコラム

Copyright© Pangaea株式会社(パンゲア) , 2019 All Rights Reserved.